省エネ性能

高気密・高断熱で冷暖房費を大幅に節約し、UA値0.45※(地域区分:6地域)の高い省エネ性能を実現するFrontier-Smart2020。

さらに、ZEHのその先へ進んだ高性能住宅で、電気を買わないエネルギー自給率100%、貯めた電気の売電などにより、長期に渡って経済効果を生み出します。

※外皮平均熱貫流率(UA値)とは、住宅の外皮(床、壁、窓など外気と接している各部位)から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。数値が小さい程、省エネ性能が優れています。

電気を買わない、エネルギー自給率100%以上の家

日中の太陽光を利用して、電気をたっぷりつくる大容量の「太陽光発電システム」。電気を貯めて賢く使う「AI(人工知能)搭載 蓄電システム」。電気エネルギーを見える化し、外出先から冷暖房の操作やエコキュートの湯増しができる「HEMS」。Frontier-Smart2020のテクノロジーは、買う電気に頼らない、エネルギー自給自足のミライの暮らしを実現します。

人生100年時代。20年間の経済効果プラス830万円でライフプランをしっかり計画。

エネルギー自給率100%以上の暮らしは家計にも優しいです。毎月の買わなかった電気代と、売ってお小遣いにした売電金額の経済効果は20年間でなんと830万円。

これからは人生100年時代。ライフプランを見直し、一生お金に困らない無理のないマネープランを一緒に計画しましょう。

使う電気は自分たちでつくる自宅の「発電所」

太陽光で発電した電気は、「売電」から「自家消費」へシフトしていきます。

日中、発電した電気を蓄電池にたっぷり充電することで、4人家族の夜の生活は電気をほとんど買いません。万が一の停電時でも、料理に洗濯、トイレ、お風呂など、いつもと変わらない普段通りの暮らしを続けることができます。

毎月34,615円の経済効果が見込めます。

Frontier-Smart2020なら、1ヶ月の売電額14,615円/月とFrontier-Smart2020が賄った電気料金20,000円/月で、毎月34,615円の経済効果が見込めます。

※太陽光10.98kW+蓄電池9.8kWh(実効蓄電容量は8.8kWh)搭載した場合、太陽光発電システムが1kWあたり年間1,500kWh発電するとします。(地域によって異なる)年間の発電量は、1,500kWh×10.98kW=16,470kWh/年。1日あたりに換算すると、16,470kWh÷365日=45kWh/日(1日の発電量)。
1世帯(共働き+就学児童2人)の1ヶ月あたりの消費電力を約400kWh/月とします。1日あたりに換算すると、400kWh×12÷365日=13kWh/日(1日の消費電力)。日照時の自家消費電力を5kWh/日と仮定して、夜間の自家消費電力を8kWh/日とします。

Frontier-Smart2020のパフォーマンスをみる