私達がクレバリーホームを選んだわけ。

娘たち二人は自転車で30分以上の時間をかけて中学校に通っていました。
そんな娘たちの為にも、「中学校に近い土地を探して念願のマイホームを建てよう」と思い立ち最初に声を掛けたのはTVCMなどで良く見かける大手住宅メーカーでした。

そのメーカーは「太陽光発電住宅」を強くアピールしており、私達も是非とも太陽光をつけたかったので話を聞いてみることにしたのです。
しかしながら、何度か土地の情報と建物の見積もりを出してもらいましたが、どうしても私達の予算に合いません。

「やっぱり大手メーカーは高いんだ。」と落胆していた時に知ったのが、クレバリーホームでした。
実は嫁の勤務先の社長宅もクレバリーホームで建てていて、実際社長宅を見せてもらい話しを聞いてみると評判も悪くなく、「話を聴いてみたら?」と勧められました。
早速電話すると、電話にでられたのが担当の藤原さんでした。
聞くと、クレバリーホームで「太陽光キャンペーンをちょうどやっている」との説明があり、概算の金額を聞いてみても私達の予算とも合致したので、営業の藤原さんへ土地探しからお願いすることとなりました。

そして無事土地も見つかり、念願の太陽光の家を持つことが出来ました。
今回更に良かったことは、この計画を始めた直後に国による太陽光の補助が復活したり、売電価格が倍になることが決定したりして、私達に追い風が吹いたことでした。
藤原さんは私達に幸福を運んでくれた、福の神だと思ってます。

リビングには「今どれくらい発電しているか」がわかるモニターがついています。
これを見ているだけでも、毎日の生活が楽しくなることでしょう。
環境と財布にやさしい「太陽光発電住宅サンブレス」にして本当によかったと思います。