私たちは、親と同居することが決まっており、1階に親世帯、2階に子世帯の2世帯住居を建てました。
主に、子の私たちが住宅メーカーのモデルルームをまわり、どこに建築をまかせるかを考えていました。

土地の敷地面積に対して、親・子世帯が生活できる間取りがとれるのか、耐震に強い工法なのか、支払い可能な値段で建てられるのかを思っていました。
その問題をクリアするのに、妥協やあきらめてしまわないといけない部分はどうするのか…。
そんな中、クレバリーホームを住宅情報雑誌で知りました。
あまり聞かなかった名前でした。

クレバリーホームは、他社に出してもらった同じ条件の建築予算が安かったのがよかったのですが、資材の質が落ちるのではないかと思っていました。
でも、再三のモデルルームの見学、営業担当者からの建築説明で、家族一人一人が納得することができました。
外壁のタイルに私たち(子)はすごく気に入り、タイルをあまり気に入っていなかった親に説得する際は営業担当者も協力して下さり、助かりました。
そうした担当者の信頼関係や建築予算を考慮したうえで、クレバリーホームにおまかせすることを決めました。

 

昨年11月に完成して、住み始めました。まだ1年が経過していないので四季を通しての感想ができませんが、今のところ快適に過ごしています。
建てた後に”こうしていればよかった”と大きな後悔はありません。
小さなことをいうと、設備に不備があるのにキッチンメーカーのアフターサービス担当の対応の遅さには少しあきれました。


建てるまで家族の意見がかみあわず、何度も衝突をしながら完成に至りましたが、今は親・子世帯共に新しい我が家で楽しく過ごしています。