私たちが家を建てるかどうか考え始めた時、まず最初にぶつかったのが、「持ち家がいいか? 賃貸がいいか?」ということでした。
お金を払い続けていくのは一緒。持ち家は自分たちの資産になるけれど、賃貸はいつまでたっても自分たちのものにはならない。そう考えると持ち家がいいかも…という気がしました。
とはいえ、家を建てるのは大きなお金が動くこと。お金のことを考えると、持ち家でローンを払い続けられるのか?という不安もあり、やっぱり賃貸の方が気楽でいいかも…と思いました。

夫の仕事がもし転勤がある場合は賃貸ということになるでしょうが、うちは転勤もない。
とりあえず、たまたまスーパーでもらってきた住宅情報誌がフロンティアさんのもので、情報誌の雰囲気が他社と比べてなんとなくいい感じがしたので、手紙を書いて聞いてみました。すると、どちらもメリット、デメリットがあるということでお返事をいただきました。
考えれば考えるほど堂々めぐりになって何がいいのかさえわからなくなる始末でした。
「やっぱり持ち家がいいなぁ。ゆくゆくは自分たちの資産になるし、とりあえず住む家があれば雨風はしのげるし…。でも、もし病気になって仕事ができなくなったらローンが払えない。だったら賃貸の方が気楽かも…。でも、賃貸だと払えなくなったら出て行かなければならず、住むところに困るかも…。だったらやっぱり持ち家か?」と延々とこのような思考がぐるぐると頭の中を回っていました。(笑)
結局、考えれば考えるほどわからなくなり、何がきっかけだったかは忘れましたが「やっぱり持ち家がいい」という結論に達しました。

持ち家と決まったものの、今度は中古か新築か?ということにぶつかりましたが、とりあえず「新築=高い、中古=安い」と考え、私たちに新築は無理だから中古にしようということになりました。
しかし、担当者と話をしていると、「たしかに中古は新築よりも安いけれど、家の築年数によってはリフォームする箇所が多い場合もあるので、結局新築と同じくらいの価格になってしまうこともある」ということを知り、それだったら新築の方がいいなぁと思い、新築になりました。

私たちは大きな家に興味がなく、建売をみてもどれも大きなものばかりで、私たちが求めているものではなかったため、まず狭い土地探しから始めました。予算のこともありますが、不必要に広い家にまったく魅力を感じなかったからです。
(あまり広いと掃除も大変だし、お金もかかるからです)
当初の予算の土地探しでは山奥など「えっ!!」と思うようなところばかりでした。(笑)
ただ、土地に関しても土地そのものは安くてもそれから整地すると+100万円、+200万円かかるということを知りました。

そんな時、「予算は超えてしまいますが…」ということでしたが、今の土地を紹介されました。日当たりもよく、便利もわりといい場所でした。1回目に見に行ったのが夜で、まだ家が建っていたので、まる「でオバケ屋敷」のようでした。ダメもとで「家がない状態で見ないとわからない」というと、取り壊してくれることになりました。
更地を見に行くと、広さもちょうどいいなぁと思いましたが、やはり決断するのがこわく、必死で悪いところを見つけようとしたこともありました。
でも、悪いところをあげられない位の良い条件の土地で、価格も条件がいいわりには高すぎることもないように感じました。

結局その土地に決めたのですが、土地選びで一番大切なのは直感だと思います。よく晴れた日に土地を見に行って、実際に土地の上に立ち、少し自分を無の状態にしてその土地がいい感じがしたら○、いやな感じがしたら×ということです。
いやな感じがしたのにそれを無視して決めた場合、あとから何かがあった時に「だからあの時いやな感じがしたんだよー」と思っても遅いからです。直感はあなどれません。
実際私たちもいい感じがしたから決めたのですが、とても静かで住みやすく、近隣の人もいい人ばかりで快適に暮らしています。

直感が当たったようです。ある程度条件が合っていれば少々のことは気にしないのも大事かもしれません。あまり高望みすると、いい土地が見つかっても「もっと他にいい土地があるかもしれない」となかなか決められないようになってしまうと思います。
土地が決まったら、今度は家の間取りなどを決めるのですが、私たちの場合は「素人が考えるよりプロに任せた方がいい間取りになるだろう」と思い、自分たちはノータッチで全部設計してもらいました。とてもいい間取りにしてくれたので、任せてよかったなぁと思いました。

あとは、外壁や壁紙などを選んでいきました。私たちの場合はなるべく予算を抑えたかったので、他の人に比べると選択肢が少なかったのかもしれませんが、それが幸いしてあまり迷わずに選ぶことができました。あまりにも種類が多いと決めるのも大変だと思います。
最初は夢がふくらんで雑誌などを見て「こんなふうにしたいなぁ」と思ったりしていましたが、担当の人に聞いてみると「そういうのは高いんですよ…」ということも多々ありました。
あまり欲張ってもいけないし、予算を抑えたいので、どうしてもゆずれないものだけ(私たちは壁紙でした)にして、それ以外はいいやと思いました。途中からは家が建てられるだけでもありがたいことだという心境になってきたので、家が完成してからもほぼ100%に近く満足しています。特に「ここをこうしておけばよかった」ということもなく、快適に住まわせてもらっています。

予算を抑えても、とてもかわいらしい家ができたのでよかったです。他の人と比べるとこじんまりした家なのかもしれませんが、掃除をしていても掃除が行き届く位のちょうどいい広さなので、大きい家にしなくてよかったなぁと思っています。それぞれの価値観はあると思いますが、こじんまりした家もなかなかいいものです。
うちは、オール電化でもないし、トイレもウォシュレットなどはついていませんが、そういうものはなければないで困ることもないですし、不便さを感じることはありません。
一番大切なのは、そこに住む人が家を大好きになって幸せに暮らすことだと思います。
私たちも家を建ててからは家に帰るのがより楽しくなり、掃除も大好きになりました。やっぱり新築でよかったなぁ、家を建ててよかったなぁと思います。
フロンティアホームさんもまったく押しつけがましくなく、しつこい営業や勧誘もないので信頼できました。いろいろな面で良心的で、家が完成した後も定期点検では細かく丁寧に点検してくれます。
建築屋さん、不動産屋さんとは家が完成してからも何かしら関わるので、きちんとした信頼できる建築屋さん、不動産屋さんを選ぶことが大事だと思います。