建築を考え始めた頃、私たちはどこのハウスメーカーで家を建てたら良いのか、とても迷いました。限られた資金の中で、私たちが本当に満足のする家を建てるにはどこのハウスメーカーにするのが良いのか…。見た目?ネーム?低価格?本当に迷いました。
今だから言えることは、どこのハウスメーカーにするにしろ、営業マンとの信頼関係無しでは、良い家を建てることはできません。
良い営業さん=自分達の都合の良いことばかりをいう営業マンではありません。本当に良い営業さんとは自分たちに無理なことは無理ときちんと正確に伝え、無理な部分を無理で終わらせずフォローし、無理から形を変え満足へと導いてくれる、これが本当の良い営業さんだと私たちは思います。こう強く言えるのも、私たちはクレバリーさんに出会う前に他のハウスメーカーさんとトラブルにあっているからです。その時は本当に悔しくて、悲しい思いをしました。トラブルがあったからか(!?)知人の紹介で私たちは運良く最高の営業さんと出会うことができました。それが、クレバリーホーム倉敷店の赤松さんです。
赤松さんは出会って間もない時に「ゆっくり考えて下さい。せっかく、家を建てるのですからいい家を建てて下さい。色々お話ししていても他社へ行かれるお客様も普通にいますから(笑)Yさんが建てたいと思われた時、クレバリーが隣でお手伝いできたら一番いいですけどね」と笑って言って下さいました。その言葉に私たちは甘えさせて頂き、納得がいくまで、お話しを聞きに伺ったり、家へ来て頂いたりしました。
赤松さんは言葉通り、押し付けがましい訪問や電話は一切ありませんでした。小さい子供が居る私たちにとても有り難かったです。

 

毎回、嫌な顔一つせずに応対して頂き、常に私たちと同じ位置に立って物事を考えてくれました。こういったやり取りを重ね、赤松さんとは深い信頼関係を築いていたので「クレバリーさんで建てます!!」となるまでに何一つ躊躇することはありませんでした。
なので、家を建てるまでのプロセスはとても夢があり、楽しい時間でした。
あと少しで一年を迎えますが、心地よい風が通り抜け明るく、私たち家族の誰もが大満足の自慢の我が家です。