一昨年の夏ごろは建築をと焦り、休日ごとにいくつかのハウスメーカーの展示場を転々とし、たくさんのカタログに目移りし、実際、自分の画く理想の家が建てられるのか、不安と焦りで、悶々とした日々を過ごしていたものです。
やっと他社のメーカーの方に、設計と見積もりを作成してもらったものの、造成工事等の門題に立ち向かい、決めてに欠けて決断できず、ますます不安に陥り、悩んでいました。
そんな折、年末に立ち寄ったクレバリーホームの赤松さんから、新春の企画の案内をいただき、再度、展示場に出向きました。

早速、現地に赴き、今まで解消できなかった擁壁等の問題も含めて、具体的に提案していただき、やっと現実昧を味わい、ほっとしたものです。
建築現場を見ていただいた際、すごく気に入っていただいて、まるで、ご自分の家を建てるかのように喜んでいただいた姿に、自信と熱意と誠意を感じさせていただいて、即、 クレバリーホームに決めたと思います。
後は、理想を現実に向けて、設計から、設備、その他もろもろもすべておまかせし,頼りっぱなしで着々と進み、入居までに至りました。

 

入居後、建築途上では、いろいろと相談等でお会いしていたものの、いざ離れると寂しさを感じながらも,クレバリーホームのテレビのコマーシャルや広告を見るたびにうれしく感じられ、もっと身近にたくさんのクレバリーホームの建物が増えればと願っています。
1月に入居して、3月の初旬にフェンス等の外回りの工事も終わり、落ち着きを取り戻し、 新天地でのスタートを切ることができました。ご関係の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。