子育て世代にありがちなきっかけかと思いますが、私たちも子供の成長とともに、新居の必要性を日々感じるようになりました。そこで『よし、家を建てる!』と一大決心をしたわけなのです。
最初は部屋の間取りに悩みました。必要な部屋数、敷地とのバランス、家事動線、さらには家相まで。そんな中、知人に『参考にするので家を見せて!』と、半ば強引に頼み込んでお邪魔させてもらいました。さすがに実際のマイホームなのでよく考えてあり、参考になったところが多くありました。そして、ここから私たちの家作りのコンセプト『廊下の少ない家』が思いつきました。部屋を極力廊下無しでつなげ、建具で問仕切りをする。これにより子供の様子が目に入りやすく、家を不必要に大きくしなくてすみました。また、建具を開けると風通しがよく、寒ければ閉めることもできますので、実際の住み心地の向上に、大きく貢献してくれています。
間取りのコンセプトが決まった頃、参考にさせていただいた知人の家が2軒クレバリーホームで建でていたこともあってクレバリーホームを訪問していました。その頃はいろいろなモデルハウスを見学に行ったりもしていましたが、私たちには立派過ぎたりして現実味がなく思えていました。ですがクレバリーホームでは、実際の標準仕様で展示してあったり、過度な豪華設備もなく『私たちの家もこうなるのか』という想像が安易にできました。
構造や建材も安心でき、できれば取り入れたいと思っていたタイル外壁がリーズナブルなところもあり、『クレバリーホームさんでお願いします』となったわけです。
実際に暮らしてみると、断熱性の良さに気づきました。Low‐e樹脂サッシを取り入れたことも寄与しているのかもしれませんが、以雨暮らしていた家より快適で冷暖房費も少なくすんでいます。また、いやなサッシ周りの結露がないのも嬉しい所です。特に何も考えず標準仕様でお願いしたスイッチやインターホン、換気扇なども、いざ使ってみると使いやすく良い物だと気づきました。クレバリーホームは標準仕様のレベルが高く安心して住まえる家作りをしているのだと思いました。
住んでみてやっぱりクレバリーホームで正解でした。